団体で旅行するなら貸切バス利用の検討を

団体で旅行するなら貸切バス利用の検討を バスを利用して旅行する方法で多くの人が利用しているのが、ツアーです。安く移動することができて、低予算でも旅行することを可能としている方法ですので、人気があります。実は、バスを利用して旅行する方法はツアーだけではなくて、違う方法でもバス利用して旅行することを可能としています。その方法となるのが、貸切バスを利用して旅行する方法です。会社の旅行や学校の行事などで利用されているバスですが、会社だからや学校だから利用できる移動手段の方法というわけではありません。個人でも利用することを可能としていて、旅行の移動手段としても利用できます。人数が多い旅行を計画している場合は、貸切バスを利用することがオススメです。

貸切バスは利用料金が高くて、いくら人数が多い旅行でも利用は難しいのではないかと考えてしまうのではないでしょうか。確かにレンタカーのように低価格で利用することができるわけではなく、大型バスになると10万円以上必要になる場合もあります。ただ、10万円程度必要になったとしても、実はいくつかある移動方法に比べると安くなる可能性を持っていて、お得で低予算で旅行することができます。

例えば、大型バスを1日10万円で貸し切りにした場合、10人程度だと1人で1万円の負担となりますので、お得な移動手段とはいえません。しかし10人ではなく30人で旅行をするとなった場合、1人の負担額が4千円以下になります。大型の貸切バスは定員が多くて60名程度になりますので、もし50人で旅行した場合の負担額が2千円となり、かなりお得に利用することができます。電車や路線バスなど比較的安く移動できる方法でも、複数の移動をした場合だと2千円以上必要になることが多いですので、状況によって一番お得に利用することができます。

ただ、お得になる移動手段になりますが、いつでもどんなタイミングでも利用することが可能となるわけではありません。貸切バスは、いつでも利用できるわけではなくて、予約をしようとしても利用したい日が空いていないと利用することができません。多くのバスが空いているのなら直前の予約でも利用することを可能になるのですが、バスの台数には限りがあり、利用する団体が多いですので予約が空いていないことが多いです。

予約が取れなければ旅行することができない状態になってしまいますので、早めの予約が必要となります。更に大事なのが、本当にお得利用できる人数になるのかどうかを考え計画を立てなければいけません。バスの車種には色々とあり、乗車できる定員数が違ってきますし利用料金も大きく異なってきてしまいます。15人程度で大型バス利用してしまうと、お得どころか移動手段が高い旅行になってしまいますので、適していない利用方法となってしまいます。

さらに、貸切バスの場合は移動が多くなればなるほど利用料金が上がる特徴を持っています。行く場所が複数あった場合、当初からの計画なら見積もりの段階で料金がわかりますが、追加で行く場所を増やしてしまうと追加料金が発生することがあります。それだとお得だったのが負担が大きい利用になってしまいますので、十分な計画を立てて追加がないようにし、そこからお得な利用になるのかどうかを考えるようにしてください。

間違った計画で間違った利用方法をしなければ貸切バスはお得で助かる移動手段になってくれます。団体で楽しい旅行をみんなと一緒にしたいと計画を立てたのなら、ツアーを利用する計画とともに貸切バスを利用して行く計画も一緒に立ててどちらが良いのかを検討してみてください。もし利用すると決まったらできるだけ早く予約をして、バスの確保をしておきましょう。

最新ニュース