貸切バス利用の基礎ポイント

自由に、様々なプランでの移動のために利用することができる移動手段として、貸切バスがあります。この貸切バスは、大人数の移動のためにも使用することができるものですが、いわゆる公共交通機関とは違った特徴を持っています。貸し切りであることからも分かる通り、まずポイントとなっているのは、自分たち以外に乗客がいないということです。

そのため、周囲に対して配慮して移動中に静かにしていなければならないということはありません。もちろん、運転手の方に迷惑がかからない範囲で、という注釈はつきますが、公共交通機関に比べると大幅に自由に移動を楽しむ事ができるようになっていることは大きなメリットと言えるでしょう。

さらにこの貸切バスについての基本的なポイントについて紹介します。ここで紹介するのは、貸切バスの乗務員に関してです。貸切バスを利用する場合、基本的には運転手のみが乗務員として同行する形となります。ただ、この運転手がスケジュールによっては2名以上必要になる場合があります。

長距離、あるいは長時間のスケジュールとなっている場合、法律上の決まりによって運転手の交代を行わなければならないためです。そのため、運転手の数が1名であるか2名であるかによって、予算は大きく上下することになります。出来る限り1名で収まるようなプランで運行を考える方が、お得に貸切バスを利用することができるでしょう。

特に乗務員の人件費について考える必要があるのは、貸切バスを宿泊対応で利用するという場合についてです。移動先に1泊してもらい、翌日の移動のためにもバスを使用するようなプランで考えている場合については、利用のためにいくつかの条件が生じることになります。

まずは、その移動先の宿泊施設にバスの駐車場があることが条件です。そうでなければ止めておくことができません。また、1泊2食の分の料金についても、利用者側の負担となる場合があります。見積りの段階でバス会社より連絡があるので安心できます。その際に、部屋についても乗務員のみの部屋を用意する必要があるのか、その分利用料金が高くなるのかなどの説明を受けることができるでしょう。

ただ、移動距離によっては回送として1度バス会社に戻る場合よりは、宿泊対応で利用を申し込んだ方が総合的には予算を抑える事ができる場合もあります。これらについても利用する貸切バス会社によって料金体系の違いがあるため、事前にどのようなプランを考えられるかを相談してみると良いでしょう。